外壁塗装のメリットとは

どのような事にもメリットはあるのですが、外壁塗装にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

多くの方は建物の外壁を塗る事なので外観が綺麗になるというメリットを想像するかと思いますがそれ以外にもさまざまなメリットがあります。

それは外壁塗装をすることによって外壁の耐久性が高まります。

塗料にはさまざまな種類が使われており、アクリル系など耐久性の弱いものもありますが、ウレタン系やシリコン系やフッ素系など耐久性の高いものもあります。

その中でもフッ素系はとても耐久性に優れています。

風や雨や直接日光が当たる事により劣化してしまうのですが、直接日光が当たりやすい場所の屋根などの塗装に使われます。

しかし外壁塗装の塗り替えに一番用いられている物はシリコン系です。

それはなぜかと言うと耐久性もある事と価格面もフッ素系に比べ低価格なのでバランスを考え一番使われているそうです。

外壁塗装をすることでデザイン面が良くなるだけでなく耐久性を高める効果があるのですね。

外壁塗装をする事によりとてもさまざまな効果があります。

知らない方が多いと思いますが知っておくと良いかと思いますのでどのような効果があるのか紹介します。

外壁には湿気や水分に弱いものがあります。

そのため外壁塗装をすることにより防水性を高める事が出来、外壁を傷みにくくし雨漏りなどを防いでくれます。

さらに水分を遮断するが湿気は通すという透明湿性の効果も出るため結露を防いでくれます。

そして断熱効果や遮熱効果もあります。

寒い冬は暖かくしてくれ、暑い夏は冷房の効きを良くしてくれる効果があるそうです。

遮熱効果があることにより直射日光で外壁であったり屋根の表面の温度が上がってしまうのを抑える事ができます。

その為部屋の中が熱くなってしまったり寒くなってしまったりなどの温度の変化を軽減してくれます。

遮熱効果と断熱効果どちらのあるものを併用するととても効果が高まります。

それだけでなく外壁は雨が降った時などとても汚れが付着しやすいのですが、そのような汚れを自動的に洗い流してくれるセルフクリーニング効果を持つものもあります。