外壁塗装の塗り替え時期とは

外壁塗装の重要さをあまり知らない方が多いかと思います。

そしてもしその重要さを知っていてもいつが塗り替え時なのか分からないという方もいるのではないかと思います。

そんな方のためにどのような時が塗り替え時なのか紹介します。

家はもちろん年が経つにつれ劣化してきてしまいます。

その為塗装が剥がれてきてしまうことがあるのです。

外壁塗装が剥がれてきてしまうのは紫外線であったり車の排気ガスなどによる大気中の汚染物質にさらされる事になり、塗膜表面が劣化しているということです。

そして外壁が劣化してくることにより剥がれてきてしまうだけでなく外壁にひびが入ってしまうことがあります。

このようにひびが入ってしまったときは劣化の調査をしてもらうことがおすすめだそうです。

塗装が剥がれてきてしまったり、劣化による外壁のひび割れが起きてしまった時には外壁塗装をする事をおすすめします。

このような状態になったら早めに塗り替えてもらうことにより、より家を長持ちさせる事が出来ますね。

自分の家の外壁を塗りなおそうと思ったことはありますか?

なかなかこのような事を思われる方がすくないかと思います。

外壁塗装の塗り替え時期が分からずそのままの方がとても多いかと思います。

経験したことがある方もいるかと思いますが、壁を触って手が白くなった事がありませんか?

このように外壁を触って手が白くなることをチョーキングと言います。

このような事が起きるのは外壁が劣化しているという事です。

これは外壁塗装の塗り替え時期の基本的な目安になっています。

どのような家にも日当たりの良い場所があったり、日がなかなか当たらない場所があったりしますが、その立地条件により防水効果が弱ってしまい外壁にカビや藻が発生する事があります。

このようにカビや藻が発生したら外壁の塗装を塗り替える時期となります。

なかなか外壁を触ったり外壁にカビがないかなど調べる事はないかと思いますが、もし万が一気がついたら早めに塗り替えると良いかと思います。

チョーキングを知るためにたまに外壁を触って調べてみると良いかもしれませんね。